気になるグッズ

2017年7月16日日曜日

VRでAcesHigh

Oculus Riftがタッチとセットでセール中(それでも5万円でしたが、ちょっと前に比べると相当安くなったと感じましたので)だったので、早速購入
高級感のある梱包
10日に注文して15日に届いたのです。受け取り時に関税とか支払うのかと思いきや、そんなこともなく、送料も全て込み込みで5万円でした。

購入してからスペック的にうちのPCで大丈夫かな?と心配になりましたが(NVidia GeForce Experienceでは準備完了になってたけどCPUが古かったので)、結果的には「あんたのPCじゃスペック不足ですよ」の警告が出るだけで普通に使えました。
Aces Highでも、簡単に使うことができました。
ゲーム中でVRを無効にしていなければ、起動時に←のようなダイアログボックスが出てOculusを有効にできます。
没入感がパねぇっす。
スピットファイアのように古いモデルだと、ポリゴン1枚の部分が多くて「これはちょっと・・・」となりますが、最新モデルのBf 110だと作り込まれていてビックリします(特にビックリしたのは普段みることの無かったラダーペダルかな)。
ドイツ軍機用ガンサイト Revi12C
計器類もスピットファイアだとのっぺりしているのが、Bf 110だと本物っぽく見えるし、ガンサイトの作り込みも凄い。気のせいかも知れませんが、スピットファイアだと光学照準器がダブって見えますがBf 110だと普通に見えた気がします。飛燕はコクピット・モデルがないものの、結構しっかりと作り込まれています(飛燕だけはガンサイト・モデルがあるのも理由かな?)。
視界の移動も自然にできるし、後ろ見るのは大変だけど、非VR同様HATの視界切替が有効なので特に問題はありませんでした。
距離感が掴みやすいからか、見越しは取りやすいかもしれません。
上空では感じませんでしたが、着陸前、地上に近づくと(というか速度が落ちてくると?)酔う。長時間のプレイは無理です。プレイ後もしばらく頭がくらくらします。
XBOXコントローラがOculusに付属しているってこともあり(?)この説明をいちいち消すのが面倒くさい。

抜刀隊 PLUS!:AcesHighやカウンターストライクの部隊
AcesHigh公式ホームページ:MMOコンバットフライトシミュレータAcesHighの公式HP
AcesHigh Wiki Plus!:AcesHighの日本語Wiki
AcesHigh掲示板集

2017年7月14日金曜日

Aces High III仕様の3Dモデル

Aces High IIIになって、コクピットや人物を個別に作れるようになったようです。
Bf 110
Ju 87
SBD-5


今のところ、この3機種だけだと思いますが、今後出てくるモデルはこれが標準になると思われます。
次はFM-2/F4Fですが、スピットファイアも早く作り直して欲しいです。

抜刀隊 PLUS!:AcesHighやカウンターストライクの部隊
AcesHigh公式ホームページ:MMOコンバットフライトシミュレータAcesHighの公式HP
AcesHigh Wiki Plus!:AcesHighの日本語Wiki
AcesHigh掲示板集

2017年7月9日日曜日

ざんねんな生き物


おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典です。
うんこネタは定番ですね。
「イチモンジカメノコハムシの幼虫は、とことん、うんこにたよって生きているのです」、「ふつうはうんこを食べないため、これはストレスによるもののようです」などなど

続編も出ていました。

抜刀隊 PLUS!:AcesHighやカウンターストライクの部隊
AcesHigh公式ホームページ:MMOコンバットフライトシミュレータAcesHighの公式HP
AcesHigh Wiki Plus!:AcesHighの日本語Wiki
AcesHigh掲示板集

2017年7月8日土曜日

懐ゲー Wings

Cinemawareから発売されていたフライトゲームです。
確かスーパーファミコン版はナムコから発売されていました。
Wings! Remastered Edition
Steamで売っているのを見つけて購入してみました。てっきり他のDOSゲーム同様そのままの移植かと思いきや・・・
リマスター版でした。
最初(チュートリアル部分)はジョイスティックとキーが競合してしまってまともにゲームになっていませんが、本編からはキー設定を設定して、ちゃんと遊べるようになりました。
当時とは比べものにならないくらい綺麗、それでありながら当時の雰囲気そのままっていうのが好印象
サウンドだけは当時と同じものも選択できますが、画質も当時のとリマスター版を選択できるとよかったのですが。
当時雑誌なんかでは、どちらかというと、斜め上方ビューが強調されて紹介されていたように思います。それが原因で、その頃はそれほど食指は動きませんでしたが、今となってはこれはこれで面白い。
フライトシムとは言えませんが、こういう雰囲気重視というか、キャンペーンっぽくして途中途中で階級あがったり勲章もらったりっていうのが楽しいですね。
この手のゲームではStrik Commanderが最高峰だったと思いますが、今は廃れてしまいました。
今だとエース・コンバットがこれに近いかもしれません。

抜刀隊 PLUS!:AcesHighやカウンターストライクの部隊
AcesHigh公式ホームページ:MMOコンバットフライトシミュレータAcesHighの公式HP
AcesHigh Wiki Plus!:AcesHighの日本語Wiki
AcesHigh掲示板集

2017年6月25日日曜日

モーパック Aces High方面隊

本日25日のMelee Arenaです。
タイフーンで敵基地攻撃に向かったら途中に敵任務部隊を発見、味方基地の方向に向かって航行中の模様
帰還後すぐにB-26に乗ってこれを攻撃に向かいました。
見事空母のみ撃沈

抜刀隊 PLUS!:AcesHighやカウンターストライクの部隊
AcesHigh公式ホームページ:MMOコンバットフライトシミュレータAcesHighの公式HP
AcesHigh Wiki Plus!:AcesHighの日本語Wiki
AcesHigh掲示板集